<   2011年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

a0130782_004185.jpg

おじいちゃんが最初電車に乗っていたら、
次の駅でお孫さんが乗車してきた。

偶然、孫に会えたおじいちゃんは
ちょっと照れくさそうに笑っていました。

そしたら、その次の駅でお孫さんのお友達が乗車。
わいわい友達としゃべるお孫さん。

おじいちゃんはちょっと席を離れて寝たフリ...

そんなおじいちゃんが
何だかすごく可愛かった。
a0130782_035662.jpg


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-31 00:05 |
a0130782_23553949.jpg

切符に3つ目のスタンプが押された。

ここからは友達とバイバイして、一人旅がスタート。


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-30 23:57 |
a0130782_23361921.jpg


白川郷が世界遺産になっている理由が実際来てみてよく分かりました。


合掌造りの家が珍しいだけではなく

キレイな水

キレイな空気

キレイな景色

集落の人々の温かい心...

そういったものすべてが、残しておかなければならない大切なものなんだろうな...


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-30 23:46 |
a0130782_181643.jpg

すごくよくしてくれた旅館のお姉さん。
とても可愛らしかったので入り口のところで写真を撮らせて頂きました。
ご家族で旅館をやっているそう。

帰り際に、暑いからって湧き水をペットボトルに入れて凍らせてものをお土産で頂きました。
そんな素敵な心遣いにとても心温まりました。

お姉さん、どうもありがとう。


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-28 01:11 |
a0130782_122599.jpg

旅館に宿帳があると必ず書いて自分の名前を残しておきます。

それは単純。また来たときに読むと嬉しいから。

この旅館にもまた来たいなーって思います。今度は雪の白川郷を見たいな...


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-28 01:07 |
a0130782_0424238.jpg

最初の旅行のプランでは白川郷に宿泊する予定ではありませんでした。
が、せっかく行くなら泊まりたいと思ったけど、さすがお盆どこも予約いっぱい...
で諦めかけていたら

運良くキャンセルが出たようで友達が予約してくれた旅館だったんだけど、
すごーーーく素敵な旅館でした。

明治創業の国の重要伝統的建築物にもなっているそう。
ご飯もおもてなしも最高でしたw


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-28 00:51 |
a0130782_0363890.jpg

朝から子供たちが家の前の用水路でお魚探して遊んでいました。
早起きだねーって声かけたら、ラジオ体操あるから!だって。
首から懐かしいあのラジオ体操のカードをぶら下げていました。

そんなこと話しているうちに、集落中にラジオ体操の音楽が。。。
みんなこの音楽で一気に目覚めるんだろうなw


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-28 00:40 |
a0130782_0302322.jpg

ハートがいっぱい。

愛がいっぱい。


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-28 00:31 |
a0130782_0125235.jpg

早起きは三文の得ってよく言うけど、本当にそうだなーって思います。

私の旅のスタイルは基本早起き。

知らない地へ行くと、だいたい早起きして周りをお散歩することが好きなのです。
金沢でも早起きで、兼六園お散歩したけど
ここ白川郷でも4時半起床でお散歩。
たくさんの美しい景色と出会いました。

まだ人が起きてない白川郷はとても静かで、夏とは思えないほど涼しくて、
太陽の光がとても優しく、
すごく素敵なお散歩時間が過ごせました。

これからもこの旅のスタイルは続けようとこの時、強く思いました。


Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-28 00:28 |
a0130782_22345470.jpg

泊まった旅館のご主人が車で夜、白川郷のナイトツアーに連れて行ってくれた。
そこでご主人の話の中で「結(ゆい)」のお話に感動しました。


白川郷にあるこの茅葺き屋根は30〜40年に一度、葺き替え作業をしなければなりません。
こんなに大きな屋根の葺き替えには大変な労力が必要です。

そこで、この屋根の吹き替え作業は昔から「結(ゆい)」と呼ばれる制度があり、
集落の人たち皆で助け合って屋根の葺き替え作業をするそうです。

男の人たちは屋根の上に乗り、葺き替え作業。
女の人たちは男のために炊き出しをします。

人々の助け合い精神が今もなお引き継がれこうやって合掌造りのお家が存在しているのです...


そんなお話を車の中でいきいきとお話するご主人を見て、
本当に白川郷が大好きなんだなーって何だかすごーく温かい気持ちになりました。



Nikon FM2
[PR]
by Hiroko-Photo-Life | 2011-08-27 23:02 |